はじめて格安スマホ

格安SIMと格安スマホで毎月のスマホ料金を今よりずっと安く!

月間3GBまで使えるデータ通信SIMを比較

このページでは、「データ通信sim:月間通信容量:3GB」のMVNO各社のプランを集めました。
ある調査では、この月間3GBというデータ通信量でほとんどの人が足りると言われています。
「一日に何時間も動画配信を見続ける」といった事をしない限り不足するという事はまずないでしょう。
実際、多くのMVNO各社もこの3GBという月間データ容量上限のプランを主力商品として位置づけており、この金額で各社を比較してみるというのも良い方法だと思われます。

NifMo (by @nifty)

全体的に高コスパ!無料で公衆wifiが使えるのはお得!

老舗プロバイダ@niftyが提供するMVNO。大元の回線はドコモ。通信エリアの広さや、回線の安定性と通信速度には満足できます。
@niftyの接続サービス(固定回線)を契約中であれば、NifMo基本料金から200円毎月割り引き。その他、初心者向けにスマホ本体への保証サービスや有料訪問レクチャーなどもあり初心者にやさしい。
また、NifMo契約者専用のアプリでショッピングやアプリダウンロードをするたびに、毎月のスマホ代が安くなるという独自サービスを展開。
JR駅構内やファストフード店などで提供されている、BBモバイルポイントではWifiによる高速インターネット接続が無料で使用できる。


公式サイト >>NifMo(ニフモ) 公式ページ
プラン名データ通信専用 SIMカード 3GB
大元の回線ドコモ
月額料金900円
データ容量3GB
データ速度150Mbps
キャッシュバック

ニフティの新しいスマホサービスNifMo(ニフモ)


DMM mobile

業界最安値をどんどん更新!

DMMが提供するデータ通信SIM。大元の回線がドコモという事もあり通信エリアの広さや、回線の安定性と通信速度に満足できる。

通常、契約上限を超えてデータ通信を行うと低速でしか繋がらなくなるが、「バースト機能」が標準で付いているので、はじめの一定量だけ高速で繋がり読み込みおこなうので快適にインターネット閲覧ができる。

また、毎月の契約データ通信容量を使い残した場合も翌月に繰り越せるので無駄なく使う事が可能。

各プラン内容、プラン料金、そして「バースト機能」と「データ通信容量の繰り越し」、大元回線がdocomoという点からして、総合的に高いコストパフォーマンスが望めるMVNOである。


公式サイト >>DMM mobile
プラン名データSIMプラン 3GB
大元の回線ドコモ
月額料金850円
データ容量3GB
データ速度225Mbps

BIGLOBEモバイル

データ繰越しサービスも対応しますます使いやすく!

大手プロバイダのBIGLOBEが提供するサービスです。2015年4月からはデータ容量を使い残した分を翌月に繰り越せるサービスもはじまりますますお得になりました。また公衆Wi-Fiサービスも無料で利用できます。


公式サイト >>BIGLOBEモバイル
プラン名LTE・3G データSIMエントリープラン 3GB
大元の回線ドコモ
月額料金900円
データ容量3GB
データ速度225Mbps